彼氏欲しい《このサイトで彼氏できた人が驚きの2万人突破!》

友人一筋の私が一転、彼氏一筋に変貌して…

そうちゃん

そうちゃん
年代:30代
地域:京都府

とにかく友人優先な私

高校生のころ、彼氏ができましたが、とにかく私は友人優先。

彼氏と先に約束をしていても、クラス会や友人たちに誘われると、彼氏との約束をキャンセルして友人たちの集まりに参加していました。

当然、彼氏からはクレーム。

それもかなり面倒でうざいと、当時は思っていたのです。

今は友人と遊ぶのが楽しい。

それなら彼氏なんていらないや、と。

また、学生時代は、健康的な男子はどうしても、彼女との関係を深くしようとしますよね。

それが私にとって、とても嫌だったのです。

メールや電話をするならOK。

外出したり、手をつなぐのもOK。

でもそれ以上は受け付けられませんでした。

「おれのこと好きじゃないの?」と聞かれるのが面倒で彼氏はいらなかったです。

周りに彼氏ができはじめ…

大学生にもなると、ぐっと出会いの場も広がり、周りの友人たちにも彼氏ができはじめます。

当然、彼氏ができるようになったら彼氏との時間を大事にしますよね。

そんなこんなで、「遊んでくれる友人がいない!」となってしまった私…。

また、まわりの付き合っている様子を見ていたり、彼氏とのエピソードを聞いたりすると、とっても楽しくてしあわせそうなのです。

高校生とは打って変わり、大学生になると自由な時間がぐっと増えます。

また、車を運転できたり、一人暮らしをする人が増えたり…と、友人もさまざまな人がいます。

「車で〇〇までデートしてきた」

「一人暮らしの彼氏の家に泊まった」

など、友人たちを見ていて、とても楽しそうに感じ、私も彼氏が欲しいと思いはじめるのです。

年上に新鮮さを感じ…

大学生になり、まとまった自由な時間が取れるようになりました。

そのため、アルバイトを本格的に始めたのです。

今まで部活やサークルに入ったことのない私。

当然、年上との出会いの場などありませんでした。

始めたアルバイトで、年上の男性に出会います。

接点は「同じアルバイト」というだけの2つ年上の男性でしたが、十分な共通の話題ができました。

また、地元が近くということもあり、一緒にアルバイト後に帰ることも。

そのときに私が大学のこと、アルバイトのことなどいろいろ相談や愚痴を聞いてもらい、自然とお付き合いをしていました。

なによりもこれまで同級生の男の子としか接してなかった私。

年上の彼をかなり新鮮に感じたのです。

年上というだけでの優越感

大学での周りの友人の彼氏は、みんな同い年でした。

そのため、「年上の彼氏がいる」というだけで、かなりみんなからうらやましがられました。

今思い出すと、恥ずかしいくらいに優越感に浸っていたことでしょう。

それまで、駅から自宅まで原付で学校に通っていましたが、「危ないから」との理由で彼氏が迎えにきてくれます。

慣れた車の運転に、それは当時はうっとりしたものです。

しかし、彼は独占欲が強い人でした。

「彼氏に嫌われたくない」との理由で、彼氏好みの服装や髪型に変えました。

久しぶりの高校の同窓会で、私の派手ないでたちにみんな驚いた様子でした。

その同窓会ですら彼に「行ってほしくない」と言われました。

いつの間にか、古くからの友人は離れてしまい、後悔しています。

仕事一筋だった私。彼氏ができてからの方が全てがうまくいくように!

関連記事

【女子力アップ】バイト先が同じだった違う大学の彼氏と付き合い出したら・・。

【確信できた恋愛】忘れられない恋を乗り越え、どんな時も傍に

45歳の恋!一人暮らしを始めて、婚活サイトに登録したら、やっと彼氏ができた!

バイトの先輩との出会いが内気な私を変えてくれた!

運命の赤い糸ってあるのかな?と思うほどに、気の合う人と出会った!

私にもはるがきた!まさかこの人と付き合うことになるなんて!